プリントの種類と方法 その2

プリントの種類と方法 その2

インクジェットプリント

インクジェットプリントは製版代がかかりません。ですので、少ない枚数の場合、
色数が多い場合などには、最適なプリント方法といえます。
Tシャツ生地に直接インクジェットプリントをしていきますので、風合いの柔らかさ
は、他の加工方法ではまず表現できません。
しかも、色数が何色増えても値段が変わらないのが嬉しいところですよね。
顔料インクで印刷していきますので、仕上がりの発色がとても良いのできれいです。
綿素材に適したプリントなのですが、残念ながらポリエステル製品には使用できない
そうです。更に、濃色のTシャツにも向いていないとのことです。

 

インクジェット抜染プリント

抜染は濃い色のTシャツを、発注されたデザインどうりに色を抜いていくのですが、
真っ白するのではなくて、もともとの繊維の色に近い状態に戻していきます。
印刷による抜染ですので、深い部分までの脱色は難しいといえます。

 

昇華捺染プリント(ポリエステル限定)

ポリエステル製品のみ使用出来るプリント方法です。専用の紙に、昇華インクで印刷
したデザインを生地に重ねて熱圧着させていきます。
インクだけ繊維に入り込んでいきますので、しなやかな風合いを出すのが特徴です。
染色になりますので、濃色Tシャツには不向きです。
カラー写真などの多色使いに向いているプリント方法といえます。

 

刺繍

生地に直接刺繍をしていきますので、プリントとは全く違う雰囲気を出すことが出来ます。
和柄などの和物が好きな人にはおすすめといえます。しかしTシャツの柔らかい生地に
直接刺繍していきますので、刺繍のまわりの生地が少し縮んでしまうというデメリットが
あります。

 

転写プリント

転写プリントは特殊コート紙にデザインを印刷してから、その上にシルクプリントでノリを
印刷していく方法です。印刷されたコート紙をTシャツに乗せて熱圧着させ、その後コー
ト紙をはがすと出来上がりとなります。
デザイン1つにつきノリ用の版が1版必要です。風合いはごわごわしています。

 

デジタル転写

あらかじめ専用のシートにデザインを印刷しておきます。その後、Tシャツに熱転写し
ていく方法です。シルク印刷では表現できない雰囲気や、発色のとてもきいれいな
プリントが出来ることが大きな特徴といえます。またデジタル転写はフルカラー対応
ですし、製版代が1版ですのでお得といえますね。
枚数が少なくても、色をたくさんに使いたい方に、おすすめのプリント方法です。

 

コピー転写

あらかじめ専用のシートにデザインを印刷しておきます。その後、Tシャツに熱転写
していく方法です。シルク印刷では表現できない雰囲気や、発色のとてもきいれいな
プリントが出来ることが大きな特徴といえます。
コピー転写はフルカラー対応で製版代がかりませんので、金額的に安いのも嬉しい
ところですね。 こちらも枚数が少なくても、色をたくさんに使いたい方に、おすすめの
プリント方法です。

recommend

ペット火葬を越谷市で行う

最終更新日:2019/2/1

  Copyright (C) オリジナルTシャツを手に入れよう  All Rights Reserved.