プリントの種類と方法 その1

プリントの種類と方法 その1

オリジナルTシャツを作る行程で一番楽しみな部分というのは、もちろんどんな
プリントやデザインにするかということです。ひとことでプリントといってもたくさん
の種類があります。どのプリントが経済的なのか、どんな種類があるのかなど
気になることはたくさんあると思います。ここではそんな悩みを解決していきたい
と思います。それでは、まずは代表的なシルクスクリーンプリントについて紹介
していきましょう。

 

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントというのは、プリントの色の数だけ、ポリエステルの紗を張っ
ているアルミ枠に製版をしていきます。この版の特徴というのは、印刷したい部分だ
けインクが出るようになっているんですね。
一色ずつ位置を合わせていきながら、色の数だけプリントを何度も繰り返していきま
す。色の数分だけ製版代が掛かってきますが、プリントの枚数が増えるにしたがって
他のプリント方法よりも安くなるというメリットがります。
シルクプリントは風合いも柔らかいので、多種様々なインクも使用出来るのも嬉しい
ところですね。
ですので、オリジナルTシャツを作る際には、一番人気で最も経済的なプリントといえ
ます。市販のプリントの大半もこのシルクプリントを使用しているそうです。
それではポピュラーなシルクスクリーンプリントを紹介していきます。

 

水性染み込みプリント

さらっとした風合いで柔らかい雰囲気があって、生地の表面にインクの感触をあまり
感じないプリント方法です。しかし、濃色(黒や紺など)のTシャツにはこの柔らかい
雰囲気の風合いを生かすことが出来ないのが残念といえます。

 

蓄光プリント

夜光物をインクに混ぜ込んだものを使ったプリント方法です。夜や暗いところで光る
のが特徴ですが、長時間もたないのが残念なところです。

 

箔プリント

生地にノリをプリントしてゴールド、シルバー、ラメなどの箔を圧着させたプリント方法
です。メタリックな感じがとても可愛いので、女性の方のオリジナルTシャツの定番
プリントといえます。

 

ラメプリント

ラメをインクに混ぜ込んだものを使ったプリント方法です。最近になり特に人気がある
プリント方法です。とても可愛い雰囲気になりますので、小さいお子さんのオリジナル
Tシャツを作る際に特に好まれています。

 

分解プリント

写真を焼く時というのは、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、の4色を混ぜ合わせ
ていきます。これと同じように表現するのが分解プリント方法です。
最低でも4版以上の版数が必要になりますので、他のプリント方法に比べて金額は
高くなります。

 

水性・油性ラバープリント

最も一般的なシルクスクリーンのプリント方法です。特徴としては生地の表面に少し
ツヤ感があるインクが乗っています。

 

高メッシュマットプリント

おもに、モノクロの写真画像などに向いているプリント方法です。デザインを強調させ
たい人や、子供っぽくならないデザインにしたい方には、おすすめのプリント方法と
いえます。

 

着色抜染プリント

濃色のTシャツからプリントで生地の色を抜き取ることを抜染と呼んでいます。そして
抜き取ったところに別の色をプリントしていく方法が着色抜染です。
風合いや発色などが、とてもよいと言われています。

 

発砲プリント

まずは機能性インクを使って通常のプリントを行います。その後、乾燥時気体が発生
して固化したときスポンジ状になるようにする、プリント方法です。

 

フロッキープリント

生地にノリをプリントした後に、数ミリの繊維を植えていく方法です。とても良い肌触り
がよいそうですので、高級志向のTシャツが欲しい方にはおすすめです。

 

Favorite

三輪バイク

Last update:2018/1/12

オリジナルTシャツ
  Copyright (C) オリジナルTシャツを手に入れよう  All Rights Reserved.